狂犬病予防接種

犬の狂犬病予防接種の受け方

※令和2年度は集合注射を中止しましたので動物病院で個別に狂犬病予防注射を受けてください

犬の飼い主には年1回の狂犬病予防注射と犬の登録(生涯1回)が義務付けられています。
仙台市から予防注射のハガキが届いたらハガキを持参し必ず受けさせましょう

1. 個別に動物病院で受ける場合

予防注射は、接種前後の体調管理が重要です。狂犬病予防注射も他の予防注射と同様かかりつけ動物病院で接種するようにしましょう。

  1. 会員が開設する指定動物病院では注射後に注射済票(未登録犬の場合は鑑札も)が交付されます。(指定外動物病院の場合は後から仙台市動物管理センターで注射済票の交付を受ける必要があります。)
  2. 予約が必要な場合がありますので、料金や手続きについては、各指定動物病院へご確認ください。
  3. 接種時はハガキをご持参ください。
2. 集合注射会場で受ける場合
  1. 仙台市(担当:仙台市動物管理センター)が4月に実施します。会場及び日時は『市政だより3月1日号』及び仙台市ホームページをご確認ください。
  2. 会場での予防注射は(公社)仙台市獣医師会が実施します。
  3. 登録済の犬:3140円(注射料金2580円 注射済票交付手数料560円)
    未登録の犬:6140円(登録料3000円追加)
  4. 会場へはハガキをご持参ください。

◆会場は混雑します。興奮しやすい犬、高齢犬及び治療中の犬は集合会場では接種できない場合があります。かかりつけ動物病院で接種しましょう。

back to top