メニュー









PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader(無償)が必要となります。

 

犬の狂犬病予防接種の受け方

仙台市内で飼われている犬の狂犬病予防接種は、毎年受けることになっています。
「毎年4月に仙台市が企画する集合注射」 と「指定動物病院で注射」 する方法があります。
詳しくは、仙台市動物管理センター(022-258-1626)にお問い合わせください。

動物病院での予防接種の受け方(1年中接種可能)

1 受け方
○電話で「狂犬病」予防注射の予約をしてください。
 ・ 仙台市内にお住まいの方は、仙台市獣医師会指定の動物病院で注射すると、病院の受付で申請などの手続きができます。
○指定動物病院で狂犬病の予防注射を受けます。
 ・ 予防注射には、いろいろなものがあります。必ず「狂犬病予防注射」と伝えてください。
○注射済票と領収書を受け取ります。
 ・ 予防注射を受け料金を支払ったら、必ず「注射済票」を受け取ってください。

2 指定動物病院で狂犬病予防注射をするときの注意事項
○ 毎年3月中に、動物管理センターから申請書が送付されます。
 ・書かれている内容に変更や間違いがあったら赤ペンで訂正してください。
 ・申請用のハガキが送られてきているときは、必ず持参してください。
○ 子犬は、3ヶ月を過ぎたらできるだけ早く登録と予防注射をしなければなりません。(1ヶ月以内)
○ 料金は、仙台市が企画したものより若干割高になります。
○ 登録手続きも指定動物病院でできます。
 ・登録は、生涯一度です。他の人から貰い受けたときには変更だけで済み、再登録の必要がありません。
 (飼い主が、動物管理センターに届け出する必要があります。)
 ・登録しているか判らない場合や仙台市以外で登録している場合は、病院での登録手続きができません。
 (後日、動物管理センターから登録申請の用紙が送付されます。)

*指定動物病院は、このホームページ「動物病院サーチ」(指定病院欄「指定」と記載)を参照してください。  

3 指定動物病院以外で接種したときの注意事項
○指定動物病院以外では、申請などの手続きができません。
○動物病院で「狂犬病予防注射済証」を発行してもらってください。
○その証明書を、動物管理センターに飼い主自身が届けて、手続きをすることになります。


このページの先頭に戻る
Copyright(C)2006 公益社団法人 仙台市獣医師会 All Rights Reserved.