メニュー









PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader(無償)が必要となります。

 
公益社団法人仙台市獣医師会

 仙台市は人口100万人を超え、名実共に東北の中心的都市として機能するよう仙台市民のみにならず多くの方々から望まれています。
 獣医師のかかわる分野においても、21世紀未来を踏まえて快適に住める街仙台、動物との共生できる街仙台を目指し、我々獣医師もその担い手の一員となる責務があります。政令指定都市仙台独自の獣医師組織を設立し、動物愛護、公衆衛生に寄与する活動を行う必要性が生じてきています。
 このような趣旨から平成12年に、それまでの母体であった社団法人宮城県獣医師会仙台支部から分離独立し、仙台市内に居住する獣医師のうち、112名の会員で組織された社団法人仙台市獣医師会として宮城県知事より認可され設立した獣医師会です。
 会員の獣医師は市民の皆さんがいつも目にする動物病院開業の獣医師だけではなく、食の安全、安心を守るために食肉の検査や集団食中毒の予防や監視をしたり、犬猫の正しい飼い方指導や狂犬病予防などのほか、市立動物公園等で活躍する仙台市職員獣医師および県・市職員OBたちなどで構成されています。
 本会の基本理念は市民に開かれた獣医師会として、「癒し」を与えてくれる動物(コンパニオンアニマル)の健康を家族とともに守り、かつ、自然環境におけるすべての動物たちと、豊かに共生できる環境づくりを目指しています。
 そのために、市民と行政そして獣医師会が互いに手をとりながら、市民を対象とする動物愛護精神の向上を目的とした種々の関連事業を展開しています。
どうぞ市民参加型行事には積極的に参加され、「動物を飼う」から「動物と共に暮らす」豊かな仙台市を目指しましょう。
 そしてこのホームページを通して本会をご理解頂き、多くの方がご意見ご助言を下さることを願っております。


公益社団法人 仙台市獣医師会
Copyright(C)2006 公益社団法人 仙台市獣医師会 All Rights Reserved.